三麻において『北』の扱いには様々なルールが存在します。


MJでは常に風として使え、北が3枚あれば役になります。

一方DORA麻雀では、北は抜きドラとして使え、役はつきませんが1枚1翻がつきます。


top

花牌の扱いと似ていますが、『北』なので通常の牌として使用できるのも特徴です。


MJの三麻で段位のある隠れ雀鬼の方々であればすぐに慣れるので、ぜひチェックしておきましょう。


DORA麻雀の北は『キタ抜き』ができる

  • 北が手持ちにある自分の番、『キタ抜き』ができます。(任意。やらなくてもいい)
  • 『キタ抜き』を行うとキタは手から外れ、鳴きと同じように自分の場におかれる。
  • 手牌が14枚⇒13枚になってしまうので、王牌から一枚引く。
  • 王牌を引いてアガった場合"嶺上開花"が付く。
1
⇓⇓⇓
2

『キタ抜き』はドラとして加算される

  • 最高4回可能で、その場合4翻付く。
  • ドラ表示が"西"の場合『キタ抜き』を4回行うとドラ8となる。

  • 『キタ抜き』はドラ扱いなので『キタ抜き』のみではアガれない(ドラのみでアガれないのと同じ。)

『キタ抜き』で相手の一発消しができる

鳴きと同様。


一発、ダブリー、地和などを消すことができるので、誰かがリーチをかけるタイミングまで手配に隠し持っておくのもOKです。


自分のターンで、牌を引いたときであればいつでも『キタ抜き』ができます。

北は通常の牌として使うこともできる

  • 『キタ抜き』は手牌14枚から除外される。

そのため、国士・大四喜を揃える場合、キタ抜きでなく手牌として活用する必要があります。


  • 他家が『キタ抜き』した場合、ロンすることができる。

その場合、『北ドラ抜き』が一役加算される。


北のポン・カンの注意点

  • 他家が『キタ抜き』をしても、それをポン・カンすることはできない。
  • 他家から鳴いた後も牌を引きますが、そのタイミングでの宣言は不可。

その他、『北』以外の基本ルールや、レートや賭けの支払いなどについては以下の記事にまとめてあるのでプレイ前にご確認ください。

関連記事


【スマホ対応】DORA麻雀の四麻・三麻ルール|卓レート$遊び方について


≫DORA麻雀公式HPはこちら



logo