ドラ麻雀で2020年末に行われるビッグイベント『雷神』は、参加費3,000円でなんと50万円の賞金が準備されています。


to-

この年末有料トーナメントは、DORA麻雀の中でも目玉トーナメントのひとつです。


エントリーは2月現在で既に始まっているので、定員オーバーになる前に早めにチェックしておきましょう!


DORA麻雀:有料トーナメントとは?

DORA麻雀では、無料トーナメントの他に、賞金額の大きい有料トーナメントが毎週設けられています。


参加費をとるだけあって、超高額配当の賞金トーナメントも実施されます。


また、トーナメントなので、かかるのは参加費のみで、場代はかからず、負けた時の支払いも一切ありません。


t

▲DORA麻雀公式HPからいつでもトーナメント情報が見られます。


今回の『雷神』は年末特別トーナメントだけあって、通常では考えられない賞金設定となっています。


いつもの有料トーナメントより遥かに賞金が高いので、普段無料トーナメントにしか参加しないプレイヤーの方もぜひ挑戦してみてください。


『雷神』だけでなく、少額の参加費($1~)で賞金が貰える定期トーナメントはたくさんあるので、詳細は以下の記事を参考にして下さい。

≫有料トーナメント一覧その①

≫有料トーナメント一覧その②

50万円大放出は年一回!【雷神】

01-

有料トーナメント『雷神』は2020年12月13日に開催されます。


賞金総額は$5,000で、上位1~4位のプレイヤーに振り分けて贈呈されます。


トップにならなくても、最終卓にさえ残れば高額賞金が確定するので、大注目のトーナメントとなっています。


参加上限は10000名ですが、賞金が大きいだけに、早めにエントリーすることがポイントです。


▼2月14日の時点ですでにエントリーがあります。

02-

同じく年末に開催される無料トーナメント『風神』と異なり、参加費用が設けられている分こちらは参加人数がぐっと減ります。

ルール


【予選】四人卓でトップのみ次のラウンドに進むことができます。


全4ラウンドの予選を勝ち進み、最後の四人にまで残ればいよいよ決勝戦(第5ラウンド)です。

※ラウンド数は参加人数によって減ることがあります。

『雷神』


四麻東風戦


親継続 :無し / 喰いタン:あり


食い替え:あり / 後付け :あり


参加料:$30  / 賞金総額:$5,000

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


※親の連荘なしにご注意下さい。

ダブロン・流し満貫・赤もありません。



▼さらに詳しいルールはこちらの記事にまとめてあります。


賞金の内訳

全プレイヤー中『1位になると約23万円』の賞金を受け取ることができます。

また、決勝に食い込めば必ず賞金が貰えるところが良心的です。


順位

賞金

1位

$2,250

2位

$1,250

3位

$850

4位

$650


獲得した賞金に出金条件はないので、そのまま全額出金することができます。


優勝する確率も高く、あなたの麻雀の腕次第では、$30が$2,250に化ける大チャンスなので、都合が合えばぜひ挑戦してみましょう。

雷神の参加方法

▼画面上部の『トーナメント』をクリックします。

dor


参加したいトーナメントを選択すると、右側にトーナメント詳細情報が出るので、ここで登録ボタンを押します。

img

後はトーナメント時刻になるのを待ちましょう!


DORA麻雀の詳しい登録方法はコチラの記事を参考にして下さい。


関連記事

PC版の登録方法と入金・出金|詳しい遊び方について

スマホ版の登録方法と入金・出金|詳しい遊び方について


≫DORA麻雀公式HPはこちら


有料トーナメントまとめ

DORA麻雀の有料トーナメントは、参加料のわりに賞金総額が大きいことが特徴です。

フリー雀荘の大会、もしくは麻雀アプリで課金するくらいならこっちの方が断然お得と言えます。


ログインし、エントリーしておけば誰でも参加できるので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

last


有料トーナメントは、無料トーナメントより参加者が少なく、賞金獲得の確率が高いのも魅力の一つです。


なお、ノーリスクの無料トーナメントから挑戦してみたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。
関連記事DORA麻雀の無料トーナメントとは?$リスクゼロで賞金GET


≫初回入金ボーナス$100が貰える登録はこちらから

media (3)

『雷神』と対の存在となる『風神』は、参加費無料の年末トーナメントなので、ついでにエントリーしておくことをオススメします。


logo

▼通常卓の詳しいルールや全トーナメントについてはこちらの記事にまとめてあります。





logo